461 views 19/09/02
DIY・リノベーション
by yozo(編集長)

「ニコイチ座談会」開催!お住まいの皆様に住み心地について伺いました

ウワサの団地リノベーション「ニコイチ」って?

45㎡の2戸をつなげ、90㎡の空間を創りだす、大阪府住宅供給公社の団地リノベーション「ニコイチ」
“2戸をひとつ”にした広い間取りにコンバージョンし、特に子育て世帯などの若年層に対し、スペース的にゆとりある質の高い暮らしを提案しています。現在、茶山台団地(堺市南区)と香里三井エリア(寝屋川市)で展開する「ニコイチ」は、これまでにはない新しい団地の価値づくりの取り組みが評価され、2017年度にはグッドデザイン賞を受賞しました。

 

「ニコイチ」についてもっと詳しく!

お住まいの方々による「ニコイチ座談会」を開催!

では、実際の住み心地ってどうなの?ということで、ご入居から1年以上の茶山台団地「ニコイチ」にお住まいの皆様にお集まりいただき、住み心地や感じたことなどいろいろとお話を伺いました。名付けて「ニコイチ座談会」!

住んで良かったところはもちろん、これはちょっとなぁ…というホンネもあり。さて、どんなお話が飛び出したのでしょうか。

「ふたつのリビングを持つ贅沢な家」(2017年完成)にお住まいのF様に聞きました!

「ふたつのリビングを持つ贅沢な家」間取図 (通称:「V字の間」)

まずはご夫婦とお子さんの3人家族でニコイチにお住まいのFさん。

Q:「ニコイチ」にお住まいになったきっかけは?

Fさん:「子どもの保育園がそのままでよかったこともあって申し込みました。でも、希望した住戸に落選してしまい後日、今の住戸のキャンセルが出たと聞いたので契約しました。間取りを見ると壁がV字に仕切られていて両親とかは最初、広いのと間取りの斬新さに驚いていました。子どもは広いのが嬉しいのか部屋の中を走り回ってはしゃいでいましたね。」

仕切り壁が独創的な室内

Q:「ニコイチ」に住んでみて良かったこと、気づいたことを教えてください。

Fさん:「収納が少ないのと部屋が少ないので子どもが成長した時のことはちょっと考えます。引越しのとき、キッチンの入口が狭くて冷蔵庫の搬入に困りました。引越し業者さんがなんとか運んでくれましたが、これから冷蔵庫を買替える時はちょっと心配です。壁の間仕切りが特徴的なので、部屋との隅が使いにくいので勿体無いかなと思います。部屋が広いためかエアコンが効きにくいのが気になります。冬は電気カーペットが重宝しました。住み心地については、基本的に入居前と入居後のギャップあまりなくて、ほぼ想像通りです。」

「バーチカルブラインドのある家」(2017年完成)にお住まいのKさんの場合

次に新婚のKさん。ご夫婦で座談会にご参加いただいています。

Q:「ニコイチ」にお住まいになったきっかけは?

Kさん:「この団地の近くにある大蓮公園に遊びに来たときに、この「ニコイチ」のウワサを聞いて知りました。二人でホームページを見て、見学をして申し込みました。僕の職場は堺東なのですが、それぞれ兵庫県と愛知県の出身なので、堺市に住むのは初めてです。一般的によく見る間取りにはあまり興味がなかったので、他の物件はほとんど見ていません。」

「バーチカルブラインドのある家」間取図

Q:「ニコイチ」に住んでみて良かったこと、気づいたことを教えてください。

Kさん:「居間に、バーチカルブラインドがあるんですが宅急便とかの受け取りの時は、室内が見えないようにブラインドを閉めて目隠しにできるのは良いと思います。でも、ブラインドを閉めっぱなしにしてエアコンをつけると、風でパタパタとはためくのでその音が気になります。セカンドリビングは、どう使おうか考えているところですが、今のところ通勤で使っている自転車置き場として使っています。タンスは倉庫に入ったので、部屋がスッキリ片付きました。」

「バーチカルブラインドのある家」 (2017年完成)にお住まいのI様に聞きました!

最後にご夫婦とお子さん3人の5人家族のIさん。Kさんと同じ間取りプランにお住まいです。

Q:「ニコイチ」にお住まいになったきっかけは?

Iさん:「茶山台の他の団地から引っ越して来ました。「ニコイチ」のホームページを見て、見学にきました。」

光と風を取り込むバーチカルブラインドが特徴的なお部屋

Q:「ニコイチ」に住んでみて良かったこと、気づいたことを教えてください。

Iさん:「長女は今年、高校入学なのですが部屋はあまり使わず、下の子達と一緒に居間の机で勉強しています。冬は、電気カーペットやコタツのある居間にみんな集まってきて離れようとしません。夜は、比較的エアコンが効きやすいセカンドリビングに布団を敷いて家族5人一緒に寝ています。玄関が2つありますが、戸締りが心配なので1つは使っていません。玄関横の物入れに、持ってきた靴箱が入ったので良かったです。前は、壁際の背面キッチンだったんですが、対面キッチンになってみんなの様子を見ながら作業できるは良いなと思います。シンクの前に何もないので、オタマとか食器を洗っていると前に水が飛び跳ねることがありました。」

泉ヶ丘エリア、茶山台団地の住み心地は?

「えっ!うちもそうなんですよー!」とお互いニコイチに住んでいるもの 同士だからわかる「ニコイチあるある」話で盛り上がる場面も

Q:最後に、泉北ニュータウン、茶山台エリアに住んでみての感想をお聞かせください。

「大蓮公園のイベントがここに申込むきっかけになったので、イベント以外でももっと人が集まれば良いなと思います。」
「買い物施設が地味に遠い。仕事帰りに駅前で買い物をして帰ります。」
「バスは、右回り・左回りがあってルートがわかりにくくて使っていないかな。」
「団地に来る移動販売の果物が美味しかったです。」
「共益費の集金があって、引き落としじゃないことに驚きました。」
「集会室で、図書館とか習い事の教室をされているようですが、その情報はどこで知ることができますか。」
「団地内で、子どもがボール遊びできる場所があると良いなと思います。」
「仕事ができるコワーキングスペースや、子どもの勉強部屋みたいな自習室、キッチンがついたコモンスペースが施設としてあると嬉しいです。」

皆さん、同じ時期に「ニコイチ」にご入居された方々同士ということもあり、しだいに打ち解けた雰囲気でいろいろとお話をお伺いすることができました。中には公社スタッフにとって少し耳のイタイお話もありましたが、皆さん概ねご満足いただいているご様子。こうしたご意見を活かして、次の「ニコイチ」などリノベーションに取り組んでいきたいと思います。

「ニコイチ」ご入居者の皆さま、ご協力ありがとうございました!


■団地情報
茶山台団地(大阪府堺市南区茶山台2丁1番他)

「ニコイチ」や「リノベ45」といった提案型リノベーション事業に加え、DIYしたいけどやり方が分からない方を支援する工房「DIYのいえ」を開設。また、団地内にとどまらず地域住民の方との繋がりを目指した「泉北レモンの街ストーリー」、健康をテーマに扱う「まちかど保健室」、新鮮野菜の移動販売「ちゃやマルシェ」、そしてコミュニティスペース「茶山台としょかん」と「やまわけキッチン」などのコミュニティ事業に至るまで力を入れて取り組んでいる公社のリーディングプロジェクト団地です。

徒歩圏内に商業施設・公園・児童館が集まった子育てを応援してくれる環境

泉北高速鉄道線「泉ヶ丘」駅より徒歩約14分。駅へはバスを使ってアクセスも可能! 泉ヶ丘駅前は、飲食店や専門店が立ち並ぶ「泉ヶ丘ひろば専門店街」、「泉北タカシマヤ」やショッピングモール「パンジョ」など、暮らしに必要な施設が十分に揃っています。茶山台幼稚園と茶山台小学校も団地のすぐそば、府立児童館「ビッグバン」も近くにあって子育て環境にも優れています。茶山台団地の向かいにある「大蓮公園」は緑が豊かな大きい公園で、景色もよくてお散歩にもぴったりです。

タグ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加