21,880 views 20/11/30
すべての記事
by D

エレベーター無し団地5階の意外に知らないメリットとは

5階は階段の上り下りが大変。だから住むのはちょっと・・・と思っている方は多いと思います。

どうしてもデメリットが先に思い浮かぶと思いますが、意外に知らないメリットもたくさんあります。

ということで、今回はエレベーターがない団地(4階か5階建てが多い)の5階に住むメリットをご紹介します。

 

1. 家賃が安い

マンションは上階に行くほど販売価額や家賃が高くなりますが、団地は違います。
エレベーターがないので、5階は家賃が安く設定されていることが多いです。
10%程度安くなっている場合もありますので、家賃50,000円なら45,000円になります。
年に換算すると60,000円もお得!

大阪府住宅供給公社の公社賃貸住宅スマリオなら、「若年・子育て割」で4・5階の家賃がさらに安くなっていますよ。

 スマリオの若年・子育て割を詳しく知りたい方はこちら

 

2.上階は 風通しが良い

階段室型の団地は、マンションと違って共用廊下がなく、1戸1戸の部屋の独立性が高くなっています。
南面、北面の両方に開口部が確保されているので、通気性抜群です。
夏場はエアコン無しで過ごしている方もおられるようです。

 

3. 上からの音を気にしなくていい

5階は最上階で、上からの音はしません。他人の生活音って意外と気になるのでこれは大きなメリットですよね。

 

4. 眺めが良い

郊外型の団地は高台に建っていることも多く、眺めもよくなります。
景色をみるって結構癒されるので、テレワークで疲れた心をリフレッシュできますよ。

 

5. 蚊が少ない!?

蚊が自力で飛べるのは2~3階くらいまでと言われているので、団地の5階は蚊が少なくなります。

 

6. 階段の上り下りで運動になる

通勤・通学をしている人は、毎日強制的に運動できます(笑)。

 

7. 急いでいるときでも、待たなくてよい

エレベーターだと、朝の通勤時間などで急いでいるときになかなか来ないとイライラしますよね。団地ではそれはありません。

 

ここまで、メリットばかり言ってきましたが、もちろんデメリットもあります。
デメリットの一番は、当然ですがエレベーターが無いので上るのが大変です。
他には、断熱材が入っていないので夏場は熱くなりやすいです。
また、小さい子どもがいるご家族はベビーカーを持って上がるのは相当ツライと思います。

階段は実際に上ってみないと大変さが分からないと思うので、現地に行ってから判断してくださいね。

 


■お部屋探し情報

大阪府住宅供給公社が提供する賃貸住宅『 SMALIO(スマリオ)』は、大阪府内に約2万戸。
一人一人のライフスタイルに応じて、どんな人にも自分らしい、
笑顔あふれるくらしをお届けします。

スマリオ(公社賃貸住宅)お部屋探しサイト

 

タグ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加