134 views 21/05/31
〇〇してみた特集
by たかみー

引越しあるある「意外と知らない引越しの心得② 取捨選択編」~漫画で連載してみた~

「やること」が多い「引越し」で困った経験談を、いけだいけみさんの4コマ漫画でご紹介する連載企画。第2回の心得も必見! 第1回「手続き編」のチェックがまだの方はこちら!

 

物を捨て過ぎて…

今回は「引越しに関するアンケート」の結果より「物を捨て過ぎて捨てなきゃよかったと後悔。(女性:47歳)」という回答をマンガにしてみました。

「必要な物まで捨ててしまった」という人がいる反面「物を全然捨てられなかった」という人がいるのも、「引越しあるある」ですよね。アンケートでは他にもこんな声が寄せられました。一部をご紹介します。

 

アンケート結果には、ほかにもこんな「引越しあるある」が!

 Q:引越しの際に困った経験や失敗した経験について教えてください。

A:荷物になるからと、勢いで捨ててしまった物を後で後悔した。 (男性:46歳)

A:子供の頃に買ったオモチャなど全て処分した。後からプレミアがつくオモチャがたくさんあったので後悔した。(男性:44歳)

A:捨てられないものがたくさんあって、結局捨てられなかったこと。(男性:44歳)

A:物を捨てられなくて、荷物が多くなってしまった。(女性:38歳)

 

「新しい生活!断捨離するぞ!」と気合が入りすぎて、必要な物まで捨ててしまっては、余計な出費が増えるばかり。かといって「とりあえず」で物を残すのも、使わない物が増える一方……難しいですよね。

 

意外と知らない引越しの心得

物の取捨選択は勢いに任せるのではなく、計画的に行いましょう。まずは引越し日の1〜2ヶ月前を目途に、ゴミ出しのスケジュールを確認し、週単位、日単位でゴミを捨てていきましょう。

具体的には、日別に「今日は服」「明日は雑貨」などグループを分け、その中から「使っている」「使っていない」「これを機に処分する」に仕分けていきます。最後の1〜2週間程度で、箱詰めしながら最終チェック。ここで「やっぱり処分しよう」と思う物が出てくることもあります。

一度にいろんな種類の物を整理すると混乱するので、グループ別に、スケジュールに沿って進めるのがコツです。食品は賞味期限を早めにチェックし、引っ越しまでの食材にしておくと良いですね。

第3回は「梱包」のヒントをご紹介します!

【マンガ:いけだいけみ】 
 ブログ やる気が迷子になりました。  
 Twitter:@ikedaikemi
【意外と知らない引越しの心得監修:小林朗子】  
 HP:http://akiko.jp/

【引越しに関するアンケート】
 
 調査時期:2021年1月29日
 
 調査対象:マイナビニュース会員(20~49歳の男女)
 
 調査数: 403人
 
 調査方法:インターネットログイン式アンケート

 

引越しをお考えなら、スマリオで!!


自分好みにDIYができる住戸などバリエーション豊か。
それぞれのお客様のニーズに合った住まいを通じて、理想のライフスタイルを提供します。

70年の実績を持つ公社が提供する住まい

オーナーである公社が豊富なノウハウを生かして、建設から管理までトータルで住まいを提供。安心して長くお住まいいただける賃貸住宅です。

保証人ナシもOK!

賃貸の保証人って身内であっても頼みにくい場合もありますよね。スマリオなら公社指定の保証会社をご利用いただければ保証人ナシでご入居いただけます。
※保証会社のご利用にあたっては保証会社の審査があります。

コストパフォーマンスの高い住まい

仲介手数料0円、礼金0円、敷金0円(※)で、初期にかかる費用をカット。更新料もかかりません。コストをかけず、ゆとりあるくらしを実現します。
※公社指定の保証会社をご利用の場合

緑豊かなゆとりある住環境のある住まい

地域のまちなみに溶け込み、買い物や子育て環境が充実した緑豊かなゆとりある住環境で、居心地の良いくらしを提供します。

ライフスタイルや予算に応じた多様な住まい

多様な間取りに加え、DIYができるお部屋やリノベーションしたお部屋など、さまざまなプランをご用意しています。

24時間365日、緊急時も安全・安心の住まい

日常の突発的な設備トラブル対応や、災害など緊急時のご相談対応を24時間365日受付しています。

 


■お部屋探し情報
大阪府住宅供給公社が提供する賃貸住宅『 SMALIO(スマリオ)』は、大阪府内に約2万2千戸。
一人一人のライフスタイルに応じて、すべての人に自分らしく、ゆとりあるくらしをお届けします。

スマリオ(公社賃貸住宅)お部屋探しサイト

タグ一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加