10,143 views 23/03/31
people
by ちゅう吉

「団地に引っ越してみて、どうですか?」入居者データと、団地に暮らす人のリアルを調査

団地暮らしの良さや住まう人のようすは、実際に住んでみないとわかりません。
そこで今回は、スマリオが集計した資料から見る2021年度の団地入居者のデータをご紹介。

さらに、こちらの竹迫さん夫妻に、引っ越してからの1年間で感じた団地の住み心地を伺ってみました。

団地暮らしを検討している方の参考になれば嬉しいです。

団地にはどんな人が住んでいるの?

団地暮らしを検討されている皆さんは、団地にどんなイメージを持っていますか?
高齢者が多そう? 家賃の安さだけに惹かれて住む人が多そう?
なんて、ネガティブな印象もあるかもしれません。2021年度のスマリオのデータでは、新規入居契約者における約40%が20〜40代。
働き盛りの子育て世代も多いんです。
ちなみに、60歳以上は28%と、団地を新たな住まいにする若い世代が多いことがわかります。
どんな世代にも優しい団地暮らしであることがみてとれますね。

さらに、20代ではその多くがひとり暮らしか2人暮らしですが、30代の入居者ではひとり暮らしに加えて、2人暮らしと3人暮らしもほぼ同じ割合に増加。4人世帯の割合は20代の倍に増え、家族での暮らしに団地が選ばれていることがわかります。

団地暮らしのきっかけ

1年ほど前に1LDKのマンションから2LDKのスマリオの団地に引っ越してきた3人家族の竹迫さん。
団地暮らしを選んだきっかけを聞いてみました。

「以前は隣駅の1LDKのマンションに住んでいたのですが、子どもも生まれて次第に手狭になり始めて。長く住むのなら家賃を抑えたいと思い、家を探しました。住むエリアは決まっていたので、インターネットで検索をかけると家賃も安くて敷金も更新料も0円だったスマリオの団地を見つけて。こんなにいい条件はないと、即決でしたね」と奥さま。

一方、子どもの頃は団地に住んでいたという旦那さま。「インスタでも #団地暮らし なんかで探すと魅力的な投稿がたくさんあって、わざわざ団地を選びたいという人も増えていますよね」。
そうなんです、団地暮らしって、若い世代にもどんどん浸透してきているんですよね。

団地暮らしのメリット

「正直、もっと若い頃から団地の良さを知っておけばよかったなって(笑)」。
そう話す竹迫さんご家族には現在2歳のお子様がいらっしゃいますが、まもなくまた新しい家族が増えるそう。

今後ますます一家がにぎやかになり、暮らしも変化していく大切な時期ですが、「団地暮らしはメリットが本当に多いと感じています」と、団地の住み心地には夫婦揃って満足しているのだそう。

1LDKから2LDKに部屋数が増えて、より駅近になった好条件のお部屋にもかかわらず、「家賃や駐車場代を合わせても、これまでより毎月2万円ほど安くなりました」と、月々の金銭的な負担が軽くなることに大きなメリットを感じたそう。

とはいえ、団地に引っ越すことに抵抗はなかったのでしょうか? また、金銭的な理由のほかに感じた団地の良さとは?

「やっぱり古いイメージはありましたし、年配の方も多いのかなっていう印象が先行していましたね。でも水回りがキレイに取り替えられていたり、同じ棟の人とはほぼ顔見知りになったり、子育て世代の方も案外近くにいたり…と、住んでみると住環境がよく、なんともいえない安心感があります。駅もスーパーも近くて、本当に住み心地がいいんですよ。5階までエレベーターがないのは大変ですけど、これで足腰が鍛えられると前向きに考えています(笑)」

DIYで団地が「思い出に残る家」になる

若い世代にも団地暮らしが浸透している理由の一つは、DIYで空間をアレンジできる楽しさかもしれません。
竹迫さんご家族が引っ越したスマリオ団地も、DIY可能な住戸。
「子どもが大きくなったときに、思い出に残るような家にしたくて」と、リビングの壁を爽やかなオレンジ色に二人でペイント。寝室はティファニーブルー、ゆくゆく子供部屋になる壁はかわいいベビーピンクにペイントしたのだとか。

「これまでDIYの経験はありませんが、引っ越しを機にやってみよう! と。壁を塗るのは意外と簡単で楽しかったです。こんなに自由度がある団地も珍しいですよね」とお二人。
子どもがもう少し大きくなってからのお家づくりも、また新たな楽しみになりますね。

スマリオでは、賃貸でDIYができる「つくろう家」の対象物件が約12,000戸。壁の塗装のほかクロスの張り替え、釘を使って棚を取り付けたり、取っ手を取り替えたりすることも可能なうえ、なんと原状回復も不要です。愛着のある心地よい住まいを、賃貸でも楽しめますよ。

詳しくは、つくろう家HPをご覧ください!

コスパ抜群の部屋、人の温かさ… 住んでみてわかる団地の良さ

団地には自治会があるなど、独特のコミュニティーにデメリットを感じて躊躇する人も少なくはありませんが、「実際に住んでみると子どもに寛容な人たちが多くて、煩わしさはありませんでした」と竹迫さん。

「むしろ、団地の良さを知っていたら、もっと若い頃から絶対住んでいたのに! と思うほど。調べるとリノベーションでキレイになっているお部屋もたくさんあるし、駅近で緑も多く、コスパもいい。築年数が古いとどうしても冬は底冷えしてしまうなどデメリットはもちろんありますが、それよりもメリットがたくさん。住んでみて分かったからこそ、記事を読んだ人にもぜひお伝えしたいんです」と、貴重な声を聞かせてくださいました。


金銭的なメリットはもちろんのこと、マンションにはない人との触れ合いや、空間をアレンジできる自由度、リノベーション済み物件の多さなども団地の魅力。
こうした団地暮らしの良さに惹かれた若い世代が増えて、暮らしやすさがますますアップしているように感じます。

これからも、団地暮らしの魅力をどんどん発信していきますね!